賃貸住宅の種類とそれぞれの特徴を私なりに簡単に調べてみました。
賃貸住宅の種類と物件の見分け方

賃貸住宅の種類

賃貸住宅の種類と物件の見分け方
賃貸住宅と言えば一般的にはアパートやマンションを思い浮かべますがそれ以外にもいくつか種類があります。
まずは「マンスリー・ウィークリーマンション」でここ最近の間に随分と運営する会社が増えて来て町のあちこちで見かける事が随分と増えました。
その特徴は敷金・礼金・仲介手数料が不要で初期費用が大変少なくて済みます。
家賃は一般の物件よりも1.5倍から2倍と高いのですが期間が短いとトータルすると安上がりで必要最低限の生活用品が揃っているからすぐに生活を始める事が出来ます。
更に期間が短い為に隣人とのトラブルも少なく想像以上に快適に過ごす事が出来るそうです。
近頃では企業が社宅を手放して交通の便の良い都心部のウィークーマンションを社宅として利用しているそうです。
更に光熱費込みやインターネット回線が装備されていたりペット可の物件も増えているそうです。
次はデザイナーズマンションで建築デザイナーによって独自性のある生活空間を設計プロデュースする住宅で注文建築や注文マンションに多く見かけます。
きれいな物件が多く人気が高いのですが数が少ないために探すのは難しいそうです。
以前は分譲マンションだけでしたが最近では賃貸マンションでも登場し人気も高いと聞いています。
不動産屋を回って探すよりもインターネットで探す方が良いと聞きます。
敷金や礼金などの初期費用は一般の物件よりも高いそうですが外装や内装は大変お洒落で凝った作りになっています。
但し釘を打ったりする事は禁止されているそうです。
一般的な賃貸住宅に公団住宅もあります。
都道府県が管理する都営住宅・県営住宅などの他にも市営住宅・区営住宅・都民住宅・市民住宅など管理する公団や市町村などによって呼び名が変わってきます。
都民住宅は家賃は安いのですが古くて抽選の倍率が高く都民住宅は一般的な賃貸物件とほぼ同じで都市公団住宅に置いては高層マンションの多い地域や人気の町に多く千葉ニュータウンを代表とする家賃の安い高層マンションです。
最後の特定優良賃貸住宅で中堅所得者に優良な賃貸住宅を供給する目的で作られた賃貸住宅です。
入居の際の抽選の培率はかなり高いようですが設備が充実しているそうです。
オートロックやシステムキッチンなどが装備され驚く事にバリアフリーの設計だと聞きます。
家賃も安く超お得物件です。
抽選に当たった人は本当にラッキーだと思います。
但し、入居には一定の条件を満たさないとならないそうです。